2012年 09月 24日 ( 1 )

日曜の訪問者

遅く起きた日曜 いつもより遅めの朝食。
サラダができて コーヒーも入れたて
パンが焼けたその時「コツン」と窓ガラスに何かが当たった!
パンを持ったまま 急いで見に行くと
ベランダにいたのは カラスに追いやられて 飛んできた小さな鳥でした。
その小さな鳥は ガラスに強打した衝撃で 身体は硬直し細い足は枯れ木のように
それを見た瞬間「あ~ぁ、もう死んでる・・・」と思った。
この子をどうしよう・・・
その時の小鳥はこんな感じ、
d0259267_10562879.jpg

絵も下手なので あまり伝わりにくいかもしれませんが・・・

体調10センチほどの手のひらに収まるくらいの この命を何とかして救ってやりたい
その思いで 主人が心臓マッサージを繰り返しました。
くちばしに息をそっと吹きかけ・・・
それでも身動きひとつせず 身体は硬直したままでした。
諦めずに何度も同じ事を繰り返すうち 奇跡がおこりました。
枯れ木のように丸まっていた 小鳥の足が ピクン、と動いたのです。
そして息を吹き返したのです。
大きな真っ黒な瞳を見た瞬間 涙が出そうになりました。
「生きていた!」
その直後 横になっていた小鳥は自分の力でたちあがりました。
まだ足がしっかりしてません。
d0259267_114236.jpg


しばらくすると
d0259267_1155381.jpg

d0259267_1162052.jpg

ちゃんとたつ事ができました。
私達夫婦は 朝食を食べるのも忘れていました。
そして 主人の手の中でしばらく放心状態だった小鳥は
私達にお礼を言うかのように 大きな黒い瞳をし
飛び立って行きました。
最初は 雛が巣立つときのよな危なげな飛び方でしたが
ずっと目を離さずに小鳥の姿を追いかけて見ていたら ちゃんと空高く飛んで行くのが
確認できたのです。
この鳥は たぶん「シジュウカラ」
図鑑を見る限りでは まだ子供のメスだったかも・・・と勝手に判断したけど
d0259267_1248241.jpg



私の描いた絵は全く色合いが違うけれど
本当に可愛かった。
主人の手の中にいた小鳥が飛んで行った瞬間
何とも言えぬ寂しい気持ちと 嬉しさでいっぱいでした。

コーヒーもすっかり冷めてしまいパンも冷たく固くなってしまったけど
さらに遅くなった朝食は美味しかった。



ポチッと!お願いします

にほんブログ村 猫ブログ MIXその他猫へ
にほんブログ村
[PR]
by datuko97 | 2012-09-24 11:36 |